保湿液とは?保湿液の役割と効果を知っておこう!

市場の拡大や需要の増加、技術・研究の発展などでスキンケア市場ではさまざまなメーカーから続々と新製品が世に送り出されている状況です。そんななかで新しい特徴やメリットを備えたアイテムが登場するケースも出てきており、近年では「保湿液」という新しいジャンルのもとで発売されてる製品が増えています。

保湿液で乾燥とバリア機能の改善を

30代の化粧液

「保湿液」と名乗るからにはさぞかし保湿効果に優れているのだろう、と誰もが連想するものですが、この保湿液には保湿効果だけでなく、肌全体の潤いを保ち、肌環境そのものを改善することを目指した内容が盛り込まれているのが特徴となっています。

 

現時点ではまだ保湿液のはっきりした定義はなく、各メーカーごとに自由に保湿液と名乗って製品を世に送り出している状況です。

 

そのため「保湿液とはこうした条件を備えているものです」といった分類は難しいのですが、現在発売されている保湿液には役割と効果の面で共通している部分が多く、その点を知っておくことで自分に合った製品を探しやすくなります。

 

そんな保湿液の役割はおもに2つ。保湿成分を補うことで乾燥とバリア機能の改善を目指すこと

 

保湿化粧水や保湿美容液とも共通した役割ですが、化粧水に比べて油分が多めなので肌になじませやすいメリットを備えていること、美容液に比べて刺激が少ないので乾燥肌や敏感肌、または洗顔直後の肌に使いやすいことなどに違いが見られます。

 

乾燥がひどくと化粧水だけでは乾燥をカバーしきれない方、美容液は刺激が強くて思うように使えないという方に適しているのです。

保湿液は表皮にフタをする役割もある

30代の化粧液

もうひとつの役割は油分を補って表皮にフタをする役割です。

 

乾燥した肌は水分を抱え込む保水力に欠けており、一生懸命水分と美容成分を補っても十分に浸透しないまま蒸発して失われてしまうリスクを抱えています。

 

そこで保湿液では表皮に油分の膜を作り、補った水分・美容成分を閉じ込める形で浸透性と持続性を高める効果を備えているのです。

 

この点は乳液・クリームと共通していますが、これらよりも油分が少なめで配合されている有効成分の浸透性が高いこと、ベタつきなど使用感の問題を抱えにくく心地よく使えることなどの違いが見られます。

 

つまり水分と有効成分を補うことで肌の乾燥を改善したうえで肌そのものの保湿力もアップさせる。さらに油分を補うことでその効果を持続させてスキンケアの仕上げにも利用できる。

 

そんな保湿ケアの必要な点をひと通り備えた便利なアイテムなのです。スキンケアの負担を減らす意味でも、これまで以上のエイジングケアを目指すうえでも注目に値する選択肢といえるでしょう。

保湿液と乳液・化粧水との違いとは?

保湿液の扱いでスキンケア製品が発売されるようになってからまだそれほど時間が経過しておらず、十分に知られていない面もあります。そのため興味はあっても従来のアイテムと何が違うのか混乱してしまっている方も多いようです。とくに保湿液の多くは肌を整える効果やスキンケアの仕上げに保湿と肌の保護を行う効果を備えているものが多く、化粧水・乳液との違いがわかりにくい面もあります。

化粧水と保湿液の違いは使い心地

30代の化粧液

しかも保湿液というアイテムの定義がまだ曖昧な面があり、化粧水と似た効果を持つアイテムを保湿液として発売しているメーカーもあれば、乳液と似た効果を持つアイテムを保湿液として発売しているメーカーもあります。

 

ですから基本的な違いを踏まえつつ、それぞれのアイテムごとの特徴をしっかりと把握したうえで選んでいく必要があるのです。

 

まず保湿液と化粧水との違い。最大の違いは使い心地でしょう。化粧水は水分が8割程度を占めているため水っぽいのに対して保湿液は油分の比重が大きいのでとろみがあります。

 

そのため保湿力が高く乾燥肌に適している面があります。洗顔後はどうしても肌が乾燥しバリア機能が低下して無防備な状態に陥ってしまいます。

 

それを整えるのが化粧水の大事な役割ですが、乾燥肌・年齢肌の場合化粧水だけでは十分に整える効果が得られないこともあります。そんな時に保湿液を使うことで洗顔後の刺激に敏感な状態をうまく改善していくことができるのです。

 

適度なとろみがある分伸びがよく塗付しやすい点も化粧水との大きな違いでしょう。化粧水は液ダレを起こしやすいなどムラなく使うのが難しく、指で何度もこすって摩擦の刺激を与えてしまうなどの問題点もあります。

化粧液と乳液の違いは油分の量

30代の化粧液

ハンドプレスなど浸透させやすい使い方もありますが、こうした使い方では全体にムラなく浸透させるのが難しい面もあります。

 

それに対して適度なとろみのある保湿液なら摩擦の刺激を最小限に抑えつつムラなく全体に伸ばしていくことができるのです。

 

一方乳液との主な違いは油分の量です。化粧水に比べてとろみがある一方で乳液よりも油分の量は少ないためサラサラした使い心地をしています。

 

その分浸透性が高く、水分や保湿成分を角質層のすみずみにまで届けやすいのです。そのうえで油分が表皮に膜を作るので補った有効成分が蒸発しないようフタをする効果も備えています。

 

このように保湿液は乳液・化粧水の中間に位置するような特徴を備えており、それぞれのよいほうを兼ね備えたいいところどりな面を持ち合わせたアイテムです。

 

休日などできるだけシンプルなケアで済ませたい場合の時短ケアにも適しているでしょう。こうした保湿液のメリットを日々のエイジングケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

オルビスユー モイスチャーの特長と効果

オルビスユーから発売されているモイスチャーは「保湿液」と銘打たれて発売されているアイテムです。保湿液とはクリームや乳液と同様にスキンケアの仕上げとして使用するものですが、このオルビスユーのモイスチャーではクリーム・乳液の特徴を備えつつ、さらに一歩踏み込んで保湿ケア・エイジングケアに役立つ内容を備えているのが大きな特徴です。

潤いとハリをもたらす化粧液

オルビスユー モイスチャー

スキンケアの仕上げには油分を補って表皮にフタをすることが重要とよく言われます。とくに年齢を重ねるにつれてその重要性が高まります。

 

これは老化の影響で水分を保つ保水力が低下してしまうためで、せっかく化粧水や美容液で水分、美容成分を補っても保水力が不足していると長くとどめておくことができずに蒸発して失われてしまうのです。

 

これは効果が持続しないだけに留まらず有効成分が角質層に十分浸透しないで終わってしまう浸透性の問題ももたらすだけにエイジングケアにとっては大きな悩みの種といえます。

 

とくにオルビスユーでは角質層全体に水分を巡らせる「キーポリンブースター」の技術を導入しています。

 

せっかくこの特殊な技術で角質層の隅々にまで水分を浸透させてうるおいを改善することができるのにその効果が乾燥のために失われてしまっては意味がありません。

 

そこでオルビスユーモイスチャーでは油分て表皮にフタをするだけでなく、表皮にもみずみずしい潤いをもたらす「ハリヴェール成分」を配合しています。

ベタつきのない軽い使用感

30代の化粧液

このハリヴェール成分が表皮にうるおいの膜を作って覆うことで水分の蒸発を防ぐとともに、この成分そのものが保湿効果を発揮して表皮にみずみずしい感触をもたらしてくれるのです。

 

そのため老化と乾燥の影響で肌のカサつきやゴワついてしまった状態を改善できるだけでなく、油分が多いクリームにありがちなベタつきの悩みもなく心地よく使い続けることができます

 

硬くなってしまった肌をやわらかく、しなやかにすることでツヤを引き出す効果も期待できます。

 

エイジングケアではクリームでも保湿成分を補うことが大事といわれます。化粧水・美容液ではカバーし切れなかった保湿ケアをクリームで仕上げるためです。

 

そこでこのモイスチャーでは高保湿成分の「濃密ウォータージェリー」を配合し、保湿成分を角質層に補いつつ表皮をうるおいのヴェールで包み込める内容になっています。

 

まさに潤いを肌に閉じ込めながらスキンケア全体での保湿効果を高めてくれる理想的なアイテムなのです。

 

従来のクリームはベタつきが気になる、もっと保湿力が高いアイテムがほしい、そんな悩みを抱えている方はこのオルビスユーのモイスチャーがおすすめです。これまでにない保湿効果を試してみてはいかがでしょうか。

30代から使ってみたいおすすめ化粧品

オルビスユーのトライアルセット

オルビスユー トライアルセット

30歳を過ぎたらオルビスユー!ウルウル肌が続く30万個突破の高保湿化粧品
1週間トライアルセット1,000円・税込※初めての方限定
(洗顔料・化粧水・保湿液+今治タオル)
さらに詳しく見る>>