30代の失敗しない化粧水の選び方

30代に入ったらエイジングケアを意識した化粧品選びが求められるようになってきます。これからは肌が衰えることでさまざまなトラブルが起こりやすくなることを前提にしたうえで適切なケアができる化粧品が求められるのです。

30代は保湿効果の高い化粧水を!

30代の化粧水

そんなエイジングケアにおける化粧品選びの基本ともいえるのが化粧水です。

 

適切な化粧水を選んでおかないといくら効果なエイジングケア美容液を使っても十分な効果が得られないばかりか、肌に刺激をもたらすことでかえってトラブルの原因を作ってしまう恐れも出てきます。

 

30代の化粧水選びが重要なのはこのアイテムが洗顔後の肌を整える役割を担っているからです。

 

30代になるとセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が肌から失われていくことで乾燥とバリア機能の低下が進んでいきます。

 

とりわけ洗顔後は皮脂膜を作っている皮脂やセラミドが汚れと一緒に洗い流されてしまうため刺激に敏感で無防備な状態になっています。

 

30代になるとこの敏感な状態を化粧水でうまく整えておかないとどんどん水分が蒸発して失われてしまうほか、バリア機能が低下するため美容液が刺激になってしまう恐れが出てきます。

 

化粧水選びの失敗がそのままエイジングケアの失敗に結びついてしまいかねないのです。

 

逆に言えばこうした30代に入って進行する肌環境の変化を踏まえた上で化粧水を選ぶことでエイジングケア環境を整えていくことができます。

 

ですから洗顔後に乾燥してしまった肌を整える保湿効果を備えているかどうかが最大のポイントとなります。どのような保湿成分がどれだけ配合されているのかをまずチェックしてみましょう。

30代は化粧水の使い心地も重要

30代の化粧水

化粧水に配合される保湿成分にはコラーゲン、ヒアルロン酸のほかプロテオグリカンやスクワランなどが挙げられます。

 

セラミドは脂溶性の成分なので水分が多い化粧水とはあまり相性がよくないので配合されている製品は限られてきます。

 

セラミドは美容液、クリームなどで補いつつ、化粧水で補える成分が配合されている製品を選んでいくとよいでしょう。

 

一般的にとろみがある化粧水の方が保湿効果が高いといわれています。たださっぱりした使い心地やサラサラした感触が好きな方にはとろみのある化粧水は好き嫌いが分かれる傾向があります。

 

毎日使うものですから、使い心地も踏まえたうえで判断することも大事です。

 

さらに30代後半になるとシミやくすみ、シワといったトラブルに悩まされることも増えてきます。そんな時にはそのトラブルごとに改善効果が期待できるか化粧水を選んでみましょう。

 

シミ・くすみ対策では美白化粧水、シワ対策ではビタミンC誘導体やレチノールが配合された化粧水、肌荒れやにきび肌の方にはハトムギエキス配合の化粧水など、自分の肌に合わせたひとりひとりにとって理想的な化粧水を選んでいく工夫が求められる年代ともいえるでしょう。

エイジングケアに違いが出る化粧水の上手な使い方

化粧水は洗顔後の肌を整えるためのアイテム、スキンケアの土台作りといった位置づけにあります。しかし美容液やクリームに比べて効果を実感しにくい面があるため正しい使い方を踏まえないまま不十分なケアを行ってしまっている方も少なくありません。若いころは化粧水を軽くなじませるだけの使い方でもそれほど不都合はありませんが、30代を過ぎてエイジングケアが必要になってくると化粧水の使い方がケア全体に大きな影響を及ぼすようになってきます。

化粧水は人肌に温めて浸透力をアップ

30代の化粧水

化粧水のおもな目的は洗顔後の肌を整え、美容液やクリームを使いやすくする点にあります。

 

洗顔後は汚れだけでなく皮脂膜の維持に必要な皮脂やセラミドまでも一緒に洗い流されてしまっているため乾燥し、刺激に敏感な状態にあります。

 

そこに化粧水で水分を補うことで肌を整え、スキンケアの準備をするわけです。そのため、洗顔後の肌の状況によって化粧水の重要性が変わってきます。

 

若いころは肌の保水力もバリア機能も十分に機能しているので洗顔後にそれほど無防備な状態になることは少ないのですが、年齢を重ねて乾燥が進んでいくにつれて洗顔後の状態が無防備に、刺激に敏感な状態になります。

 

そのためしっかりと化粧水で整えておかないとどんどん水分が失われてしまうほか、バリア機能が低下したままだと美容液が刺激になってかえって肌に負担を蓄積させてしまうなどさまざまな問題を引き起こしてしまうのです。

 

こうしてみても化粧水を上手に使いこなすかどうかでエイジングケアに大きな違いが出てくることがわかります。

 

では上手な使い方とはどのようなものなのか?ポイントは2つ、いかに肌になじませて水分と有効成分を浸透させることかできるか、そして洗顔後に敏感になっている状態をいかに早く整えることができるか、です。

化粧水はハンドプレスが重要

30代の化粧水

後者に関してはできるだけ早く使うことが大前提です。洗顔をしたら5分以内には化粧水を使うよう心がけましょう。

 

そしてエイジングケアに違いが出やすいのは前者です。軽くパシャパシャと塗付するだけで済ませる使い方と、浸透性を重視した使い方とで同じ化粧水を使っていても効果に大きな差が出てきます。

 

まず化粧水を手にとったらすぐに塗付せずに少し温めましょう。人の肌の温度に近づけるとそれだけ浸透性がアップします。

 

ただ先ほど触れたように時間を置きすぎると乾燥が進んでしまうので適度な感覚が問われます。そして塗付する順番は乾燥しやすい目元、口元からが原則です。

 

額や頬など面積が広いところからはじめ方も多いでしょうから、エイジングケアのポイントとして踏まえておきたいところです。

 

そして最後の仕上げにハンドプレスを取り入れましょう。手のひら全体で顔全体を包み込んだうえで5秒程押し当てるだけで化粧水の浸透性が大幅にアップします。

 

その際には目元と口元をしっかり覆う形で包み込むのも忘れないようにしましょう。とくに難しい部分や手間がかかる部分はないだけにこうした上手な使い方を踏まえながらエイジングケアに相応しいケア環境を化粧水で整えていきたいところです。

オルビスユー ローションが30代におすすめの理由

エイジングケア、保湿ケアの両方で評判の高いオルビスユーから発売されているローションは30代にとくにおすすめできるアイテムです。30代が抱えやすい肌の悩みに適しているだけでなく、使い心地などの面でもメリットを備えており、毎日のケアに無理なく使い続けられるさまざまな魅力を備えているからです。

とろみがあるのにみずみずしい感触

オルビスユー ローション

30代のローション選びでは洗顔後の肌を整える化粧水本来の効果に加えて保湿効果も重要になってきます。

 

30歳前後から減少していく保湿成分、さらに30代後半になると皮脂の分泌量も減少していくことで肌全体が乾燥しやすく、刺激に敏感な状態になってしまうからです。

 

しかも乾燥するほど洗顔後に肌が敏感な状態になってしまうため、化粧水で保湿をしながら整えておかないと美容液が刺激になってしまう恐れもあります。

 

そのため保湿化粧水がエイジングケアの分野で人気を得ていますが、その一方で保湿力に優れた化粧水に共通している「とろみ」のある感触は使い勝手の点でメリットとデメリットを抱えています。

 

高い保湿力を備えている一方でベタつきやすい、肌になじみにくく水分と有効成分がうまく浸透しないといった難点もあるからです。

 

そこでオルビスユーのローションではこの問題を解決するため、「とろぱしゃ」を目指した独特の使い心地を取り入れました。

潤いとハリをもたらす化粧水

30代の化粧水

手にとったときの感触はいかにも保湿化粧水らしいとろみを備えているのですが、これを肌に塗付した瞬間にはじけてみずみずしい感触に変化、軽くなじませながら水分と有効成分をしっかりと浸透させていくことができます。

 

しかもこのみずみずしく軽い感触で塗付した後に時間が経過すると表皮に潤いの膜を形成して肌を整える効果も発揮

 

この3段階の変化で保湿力と使い勝手の良さの両立を実現しているのです。

 

30代に入って保湿力を重視して化粧水を変えてみたのはいいもののとろみがある製品はベタベタした感触が好きになれない、そんな悩みを抱えている方にとってとくに魅力的な部分となるでしょう。

 

しかも保湿成分として濃密ウォータージェリーを配合、角質層の隅々にまで浸透することで肌の内側からうるおいとハリの両方をもたらしてくれます

 

使用の際には肌になじませた後にハンドプレスの要領で手のひらを顔全体で5秒間ほど押し当ててみましょう。

 

これによって浸透性が大幅に向上し保湿効果はもちろん、血色感の向上などの効果も期待できます。化粧水で保湿をしっかり行っておけばその後の美容液、クリームの効果アップも期待できます。

 

エイジングケアの土台作りという点でも肌の衰えが気になり始める30代にピッタリの魅力を備えているアイテムです。

30代から使ってみたいおすすめ化粧品

オルビスユーのトライアルセット

オルビスユー トライアルセット

30歳を過ぎたらオルビスユー!ウルウル肌が続く30万個突破の高保湿化粧品
1週間トライアルセット1,000円・税込※初めての方限定
(洗顔料・化粧水・保湿液+今治タオル)
さらに詳しく見る>>