30代から見直したい洗顔料の失敗しない選び方

洗顔料選びは肌環境に直接影響を及ぼすだけに年齢を重ねるにつれて重要性が増していきます。とくに30代は年齢に合わせた洗顔料選びが求められはじめる時期だけに、早いうちにエイジングケアに合った洗顔料を選ぶコツを身につけておくことが求められます。

30代は負担をかけない洗顔料を!

30代の洗顔料

30代からエイジングケアが必要になるといわれる最大の理由は肌の乾燥がはじまることです。

 

角質層で水分を保ち、バリア機能を維持しているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分は20代が含有量のピークといわれており、30歳前後から減少に転じます。

 

そうなると水分が失われやすく、外部からの刺激を受けやすくなることでさまざまなトラブルが起こりやすくなっていくのです。

 

そのため20代には問題なく使えた洗顔料が30代になると肌に合わなくなって負担になってしまうケースも出てくるのです。つまり新しい製品を試してみる以前に、これまで使っていた製品が現在の自分の肌に合っているのかを見直す必要があるわけです。

 

こうした事情から30代の洗顔料選びでは肌に負担をかけないこと、乾燥を悪化させてしまうのを避けることが最優先になります。

 

20代までは洗浄力や使い勝手のよさを優先して選んでいた方は選び方の基準そのものを根本から改めるようにしましょう。とくに現代人は過剰な清潔意識から洗いすぎが肌に負担をかけてしまうケースが見られます。

 

「ほどほどでとどめる」という意識のもとで洗顔料の洗浄力を見極めていくことも必要になってきます。

30代は泡立ちの良い洗顔料を!

30代の洗顔料

選ぶ際にはまず泡の質を確認しましょう。フォームタイプや泡タイプの洗顔料は泡立てやすい一方で泡が薄く、時間が経過するとすぐにしぼんでしまう傾向があります。

 

こうした泡は汚れを吸着する力が弱く、また洗っている途中でしぼんでしまうといつの間にか指で強くこすって洗うようになってしまいます。

 

濃密な泡で強くこすらなくても汚れを吸着させて落とすことができるか、洗っている間中泡が長持ちするかどうかを見ておきましょう。

 

それから泡に含まれている洗浄成分や成分の内容のチェックも大事な部分です。

 

使い勝手の良さをセールスポイントにしている洗顔料のなかには泡立ちをよくするために添加物や化学成分を配合しているものがあります。

 

一方クレイ(泥)や竹炭など天然由来で粒子が細かく毛穴の奥の汚れまでしっかり落とせる洗浄成分を配合しているものもあります。

 

前者を選ぶか後者を選ぶかで洗い上がりのうるおいやハリにも大きな差が出てくるだけにその製品が配合成分にどれだけこだわっているかも見ておきましょう。

ここで差がつく!上手な洗顔料の使い方

洗顔はただ汚れを落とせばよいのではなく、肌に負担をかけずに潤いを保ちながら洗い上げていく工夫が求められます。とりわけ老化の影響で乾燥が進んでいく30代以上になるとこの洗顔方法や洗顔料の使い方がスキンケアの効果、ひいては肌環境そのものに大きな影響を及ぼすケースも出てきます。高価なエイジングケア化粧品を試してみる前に日ごろの洗顔料の使い方が適切なものなのかどうか見直してみましょう。

水と空気を加えながら泡立てること

30代の洗顔料

洗顔石鹸タイプの洗顔料の魅力が見直されていますが、そのメリットとして必ず挙げられるのが泡立ちのよさです。

 

この泡をいかにうまく活用して洗っていくことができるかが洗顔の最大の鍵といってもよいでしょう。本来洗顔とは泡を肌になじませながら汚れを吸着させて落としていくものです。

 

しかし泡立ちがよくない洗顔料を使っていたり、手早く済ませようとしていると十分に泡立てないまま指で強くこすって洗ってしまいがちです。

 

これが摩擦の刺激をもたらして大きな負担になってしまうだけでなく、毛穴の奥の汚れを落とすことができないので毛穴つまりや黒ずみ、ニキビなどのトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

 

ですからまず十分に泡立てたうえで使いましょう。ポイントは泡立てる際に適度に水と空気を加えることです。

 

一生懸命手をこすり合わせて泡立てようとしてもなかなかうまくいかないので手のひらで洗顔量を包み込むような感覚で空気を入れながら泡立てていきましょう。

泡で包み込むようにして洗うこと

30代の洗顔料

洗顔石鹸タイプはなかなか泡立ちにくい面もあるので泡立てネットを使うのもひとつの選択肢です。泡が手のひらの上にこんもりと盛り上がるくらいが目安です。

 

そして十分に泡立てた泡を肌になじませながら洗っていきます。濃密や泡を作れていれば指は軽く肌に触れる程度でも十分に汚れを落としていくことができます。

 

ごしごしと肌をこすりながら洗うのを防ぐためにも軽く円を描く形で指を動かしながら洗っていくとよいでしょう。顔全体を泡で包み込むようにして洗っていくのもポイントです。

 

洗い終わったらすすぎをしっかり行いましょう。

 

朝あわただしい雰囲気の中で洗顔を行っている方はこのすすぎが不十分なことが多く、せっかく落とした汚れを肌に残してしまうだけでなく、洗顔料の洗浄成分まで残してしまうことで肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

泡で毛穴の奥の汚れを落とせたのはよいものの、すすぎが不十分なばかりに洗浄成分が毛穴に残ってしまった、といったことがないようにしたいものです。

 

十分に時間をかけて、髪の生え際やあごのライン、鼻の脇などすすぎ残しが多い部分も忘れずにすすいでいくようにしましょう。こうした基本的な洗顔料の使い方を踏まえておくだけでも日々の生活の中で大きな差が出てくるはずです

オルビスユー ウォッシュが30代におすすめの理由

洗顔はスキンケアの土台作り、さらには肌の健康を維持するうえでも大事な作業です。しかし若いころはこの基本の部分を忘れがちでどうしても清潔意識ばかりが先に立ってしまう傾向が見られます。とにかく汚れを落として清潔な環境にしなければ、と過剰な洗顔を行い、肌に負担をかけてしまっていることも多いのです。

汚れを吸着しながら落とす洗顔料

オルビスユー ウォッシュ

若いころはそれでも問題はないのですが、30代以上になるとその過剰な洗顔が肌に悪影響を及ぼし、乾燥やバリア機能の低下といったさまざまな問題を引き起こす原因になりかねません。

 

30代になったら、まず洗顔に対する意識を改めるところからエイジングケアをはじめていく必要があるわけです。

 

オルビスユーから発売されている洗顔料「ウォッシュ」ではこうした30代に求められる洗顔のポイントを重視したうえで特別な成分や処方を取り入れています。

 

まず適度な洗浄力。汚れを落とすことはもちろん重要ですが、過剰に洗いすぎてしまうと肌に刺激を与えてダメージを蓄積させてしまいかねません。それを防ぐためこのウォッシュではモロッコ産の特別なクレイ(泥)を洗浄成分として採用しました。

 

このモロッコ溶岩クレイは優れた吸着力と粒子の細かさを兼ね備えており、肌になじませることで汚れを吸着して落とすことができます

 

指で強くこすって洗う必要がないので摩擦の刺激も最小限に抑えることができますし、汚れと一緒に皮脂膜に必要な皮脂やセラミドまで一生に洗い落として乾燥させてしまうといったトラブルも防げます。

 

しかも粒子が細かいので毛穴の奥にまで入り込んだうえで汚れをかきだしながら落としていくことができます

化粧水の浸透力もアップ

30代の洗顔料

30代になると洗顔の際の肌への刺激が気になる一方でターンオーバーの乱れの影響で古い角質が毛穴を詰まらせてしまう問題も出てきます。

 

このモロッコ溶岩クレイはそんな難しい30代の肌環境に理想的な洗顔環境をもたらしてくれるわけです。

 

もうひとつ、洗顔後の乾燥の予防とその後の化粧水の効果を高めるための特別な成分「ハイドロキャッチ成分」が配合されているのも大きなポイントです。

 

これは化粧水の効果を高めるブースター効果も備えたもので、肌に留まったポリオクタニウム-7という成分が水の分子と結合することで水分を保ち、さらに化粧水の浸透を高める効果を発揮します。

 

いつも洗顔の後に急激に乾燥が進んでしまう、化粧水がうまく肌になじまないといった悩みを抱えている方にはとくに大きなメリットになるはずです。

 

乾燥しやすくダメージを受けやすい30代の肌にあった洗顔料を使うかどうかでその後の化粧水、美容液の効果にも大きな差が出てきます。

 

このオルビスユーのウォッシュはそんな難しい30代の肌環境に適した条件を兼ね備えた洗顔料と評価できるのではないでしょうか。

30代から使ってみたいおすすめ化粧品

オルビスユーのトライアルセット

オルビスユー トライアルセット

30歳を過ぎたらオルビスユー!ウルウル肌が続く30万個突破の高保湿化粧品
1週間トライアルセット1,000円・税込※初めての方限定
(洗顔料・化粧水・保湿液+今治タオル)
さらに詳しく見る>>